誰にとって良質店?

客層が良くなるのも悪くなるのも自分(風俗嬢)次第

まずはお店側に交渉すること

自分が出来るサービスと出来ないサービスは、まず体験入店の前にお店に伝えて下さい。
お店側から聞かれるとは思いますが、風俗について何も知らないと、言われるままになってしまうかもしれないので、サービス内容については事前にご自分である程度勉強されると失敗もないと思います。
自分の要望がどこまで通るのか見極めるためには最初が肝心です。生活のために、と考えて多少無理しても長くは続きません。目先のお金ではなく、これから先の人生を見据えて考えてみてはいかがでしょうか。少し客観的に自分を見つめてみて、無理してないか、我慢しすぎではないか、ここまでする必要があるのか、冷静に判断してみて下さい。
もちろん一方的にこちらの要望を伝えるだけでは我儘ともとられますし、実際そうだと思います。自分の要望を伝えたうえで、相手の要望もある程度受け入れるのが大切です。

自分が出来る最高のサービスを提供すること

良いお客様というのは、最初から良いお客様でないこともあります。意外にも最初は我儘放題で、皆から嫌われていたようなお客様が、何かのきっかけで、とても良いお客様になったりもします。そしてそれは従業員の努力から来るものでもあるのです。
努力と言っても、もちろん我儘なご要望に応えるのではなく、自分の出来る範囲で最高のサービスを提供するということです。よほど人格的に問題あるお客様でなければ、こちらの精一杯の努力は伝わると思うので、日々の努力は怠らないようにしましょう。自分磨きのエステも良いですし、会話力をつけるのも良いです。そのような我儘なお客様でも対応できるようになれば、普通のお客様にはもしかしたら天使のように感じられるかもしれませんね。


TOPへ戻る