客層の良い風俗店を見極めるポイントとは

誰にとって良質店?

客側から考える質の良さとは

客層が良いということは、従業員の接客が良いということになると思います。 嫌なことや出来ないことをはっきりと断り、出来ることはかなりのレベルの高さを持って接客しているのではないでしょうか。 どのように断り、自分のペースに持ち込んでいるのか、考えていきたいと思います。

悪質なものに引っかからないようにするための心得

入る前に一目見て悪質と分かるお店は、まず見た目が汚いか暗そうなお店です。 人もそうですが、第一印象というものはとても大事なものなので、そこを怠っているということは、色々な面で余裕がないお店だととられます。 ただ、外見が大丈夫でも中身が悪質なお店もあるので、その辺りの見極め方について考えていきましょう。

お客様が求める物に応えるだけがサービスではない

では、お客様にとっての質の良さとはどのようなものか考えてみましょう。
一般的に、飲食店や眼鏡店、洋服店などに入って、質の良いサービスを受けられたと感じるときはどのような時でしょうか。
例えば飲食店であれば、思っていたよりおいしい料理が出てきた、というだけでも気分が良くなりますが、それは飲食店としては当たり前のことになります。
質の良いサービスとは、そのお店の従業員の接客が大半を占めると思います。オーダーをとる態度から料理を提供する時の対応、会計時の対応、それら全てが気持ちよく受けられれば、とても良い飲食店に出会えたとお客様は思うでしょう。しかし当然のことながら、普通にオーダーをとり、普通に提供し、会計するだけでは、特にお客様の印象に残りません。風俗店も同じように、普通にお客様のご要望にお応えしているだけではリピートしません。その時その時で交通の便の良い風俗店に行くだけで、印象には残らないでしょう。
では逆に、印象に残るほどのサービスとはどのようなものだと思いますか?単純に技術力が高いことは嬉しいことですが、それは飲食店でいう所の「料理がおいしい」ということと同じで、当たり前と言えば当たり前のことになります。それに加えて、とても話しやすい風俗嬢で、いつの間にか自分の悩み事とかを話して、それだけでも気分が晴れたりしたら、次もその風俗嬢にお願いしたいということにつながることもあります。ここでポイントなのは、「話しやすい」ということです。ただ単にお客様の状況を尋ねているだけでは、人によっては煩わしく感じられることもあります。
お客様は、自分からは特に要望しなくても、ある程度自分の希望に合ったもしくはそれ以上のサービスを受けられた時に、驚きと共に喜びを感じるものです。
どうすれば要望無しに満足のいくサービスを提供できるか、考えていきましょう。

客層が良くなるのも悪くなるのも自分(風俗嬢)次第

良いお客様なら、自分の気持ちも上がるので、良いサービスを心がけようと思いますが、あまり良くないお客様だと気分も下がってしまいがちです。 プロなので平等にしなければならない所ですが、好き嫌いは出ると思います。 そんな時、どうすればよいのか、考えていきたいと思います。

TOPへ戻る